代行のメール送信を管理する方法とは?

配信ソフトによる管理

メール送信の代行サービスは、配信ソフトによって管理する方法が一般的です。依頼主からメールアドレスや文面を受け取ったら、機種依存文字やリンクなどの確認を行います。コンテンツすべてをチェックし、間違いがなければ依頼主へテストメールを送る流れです。依頼主の了承を得たら、いよいよ本番となる配信を行います。ソフトで指定したスケジュールにメールが送信され、配信結果をレポートとして依頼主へ提出すれば完了です。エラーが出た場合にも、ソフトの管理画面からすぐに原因が特定できます。クリックのカウントなど、細かいデータまでチェックできるのが特徴です。配信事故を防ぐためには、テストやチェック体制が重要になってきます。

パソコンのスペックが要求される

メール配信ソフトはパソコンにダウンロードして使うものなので、処理能力も高いスペックが要求されます。大量のメールを送信するときにスペックが低いと、配信ペースも落ちてしまうので注意が必要です。送信中は特に負荷がかかるため、そのパソコンで別の作業を行うのは難しくなります。別の作業を行うことによってメールの配信ペースが落ちてしまうので、なるべく配信専用のパソコンを用意するのがおすすめです。クラウド型のシステムを使う場合は、データベースや配信サーバーの管理も必要になってきます。パソコンのスペックに左右されず、高速配信や大量配信にも強いのが魅力です。代行のメール送信の管理方法は規模に合わせて選択できます。